記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【考察】等価規制、AT機廃止、MAX規制。パチンコパチスロとは【最終回】



終わりの始まり


ごめんなさい円環です←







というわけで先月は最速の14日目にして通信制限TKOを喰らいましたセイバたんです







いや違うんや、就活の為にネット使いまくったからで漫画とかじゃないんやで←









さてそんなわけで、前回現状に捕らわれたやり方以外模索すべきやん?的なことを書いた本回答編にしようかと思ったのですが。







ちょうど円環中に前から噂だってた事項が確定しましてねー。
それがタイトル、前回の回答編にも繋がるので、敢えて切り崩してみました。







さて、そんなわけですが、これもタイトルの通りなのですが









この回をもって、長らく行ってきたセイバ理論。とやらに、終止符を打とうと思います。


















理由は簡単で、私はもう今後パチスロで生活をする気は微塵もありません。



そして、パチスロを打つ機会も減るだろうし、多角的な見方はしなくなってく。と、思います。





セイバ理論。なんて言い方してますが、結局こんなんは








「パチスロが大好きなやつが、勝つためには嫌でもしなきゃ行けなかったし、好きという気持ちより優先しなきゃいけないことに対する事柄に、如何に折り合いをつけるか、異議を唱えるか。」








という 養分が専業をやったことによる目線 での話だったわけでしてね。












今後どうなるかはわかりません。就職して安定した収入を得ることで、娯楽として多少の負けは割り切るか








それとも完全に副収入として、数字だけで考えるようになるか






どちらにしても、それはもうセイバ理論ではない。と、自分で思います。







故に、今回が最後の パチスロ大好きな専業だったセイバ が書けることとして








長文にお付き合い頂きたいと思います。





























さて、そんなわけで今回書いていくわけですが





これが今からお見せする私が「最後ならこんなん書いてやろう」と思っていたネタがありますので。









はっきり言って、全部読みきれたら結構褒めてあげたいくらいのセイバキチやで。という前置きをしてから、始めて、終わりたいと思います←

















では




































回胴式遊技機、またの名は、スロット、スロットル









メダルを入れ、レバーを叩き、ボタンを押し、7を揃える。










そんな簡単な事に感嘆し、嘆願し、諦観する、日本に置ける異質分子である。
生真面目で休まなく、働く事が是とされている日本であるのに、そんな無意味な事の集合体であるパチンコ屋は、私、カスロニセイバが生まれる前より、誕生し、そして生き続ける。




これは私、カスロニセイバが体験し、体現し、大言することで終わる、終わりの始まりの物語である。




























思ってみれば、人間は無いものをねだり、あるものに満足せず、そして妥協することで「幸せ」だと思う、なんともわかりにくい生き物である。







私、カスロニセイバも清々しく、醜い人間なので、まさにそのわかりにくさをわかりやすく表せていることだろう。その点については、人より自信がある。





しかし、そんな慈心に溢れた私にも、地震の様な衝撃を受ける、もっと人間な人間の人間らしい人間さに触れる機会が、まさに今だった。















朝鮮賭博ハ、今カラATヲ規制シ、等価ヲ失クシ、MAXタイプヲ廃止セヨ。























驚く。驚いた。たまげたなぁ。玉だけに。





そんな言葉でしか、この事に言えない自分の言葉の少なさに、嫌気すら感じてしまう。








だってそうじゃないか?私が 「いやー、驚いた。驚いたよ。たまげたんだよ。玉だけに。」と、言って、一体どれだけの人に、この驚きが伝わるだろうか。
足りない。まるで足りてないのだ。






だって ATも、等価も、MAXタイプもダメですよ。と言えば、一体何人に絶望を与えることが出来るかなんて、考えればわかることだし、考えてもわからないくらいの人数に出来ているわけがじゃないか?





それに比べてしまえば、私の言葉なんてまるで足りてないし、満たされないし、見たさえしてないのだ。





そして私は人間なので、伝えられないことに「仕方ない。」と言葉を繋いで、より人間らしくなるわけである。





















AT機、ゼロボーナスをひたすら成立させることにより、常にRT状態を保つことにより、払い出し上はひたすら減り続けることにより、高純増を成功させた、5号機に置ける最大の躍進







遊べる5号機から、遊べない5号機となった立役者、戦犯である。
一番最初の頃は、ずっと再遊戯が成立するだけの通常や、訳の分からないペナルティにより、受け入れてはもらえずにいたわけだが、状況は、ある1台の登場により、激変する


















秘宝伝~太陽を求める者達~






それまでにも、AT機というものは確かにあったが、決して評価が高かったとは言えない代物だった。



いや、それこそ私が評価してなかっただけで、評価をされていたから、この秘宝伝が出たのかもしれない。鶏が先か、卵が先か。ここでは便宜上、鶏が先の話をしていくのだ。






この、秘宝伝~太陽を求める者達~がしたことは、決して私達に太陽を見せてくれたわけでも、ましてや、そんなことをしてるとイカロスの様にたたき落とされるぞ。と、教えてくれたわけでもない。



行ったことはとても簡潔 スロット史上に置ける最大級の供給過多 だ。









初代北斗の拳、アラジン、吉宗、獣王、番長。






4号機で所謂 世代 を作り上げるほどの人気を誇った台は、勿論それだけ需要があり、供給をした。



それは過多ではなく 相互利害の一致 だ。遊技者は北斗が打ちたく、経営者も売上を上げたかった。それに生まれた 世代 である。







しかし秘宝伝~太陽を求める者達~は違う。彼らと同等の立場であり、立ち振る舞いをしたことがある、偽物でしかないのだ。


秘宝伝~太陽を求める者達~を好いている人間と、とても嫌い、空いているホールは、果たして同じほどだったのか。という話で、出来の話ではない。という1文も加えておこう。私は平和主義者であるから、それくらいの配慮をしないと先には進めない。







「では、セイバ君は秘宝のせいで狂った。とでもいいたいのかい?」







そんな言葉が聞こえてくる。そうでもない。と、私は返す。しかし、そうでもある。と、私はさらに還す。




パチスロ史上でも上位に入る供給は、過多の他にも肩を持ったのだ。





AT機って増えるの早いな。











そう、それまでにも出たAT機は確かにあったが、多くはたいした台数ではなかった。その為に、AT機の早さ を知らなかったのだ。
1部の人間が、好いて座り、それ以外は、空いていた。


しかし有り余る程の供給により、知ってしまったのだ。知らされてしまったのだ。



AT機はすごい。と。







そこから各社は、倒れてしまった秘宝伝の後釜を躍起に狙う。北斗の拳~転生の章~が出るまでは、虎視眈々と狙う姿勢と、出た後の、粗末適当な大勢は、笑ってしまうものだ。




そんな、認知され、人気を得た、人知の結晶なので、もう作っちゃダメですよ。というのは、少し寂しさも感じるが、同時に よく存在したな という、一種も感じる。だからこそ、一蹴されたわけだが。




等価規制も、MAXタイプも。同じようなカテゴリーでしかないのだ。
無くなったらとても困るし、よく今まであったな。その一集なのだ。そして一蹴されたわけだ。




















時間効率モ悪イシ出玉モ少ナイシ此業界ハモウ終焉ヲ迎エタ。天井狙イガ出来ナイパチスロ日当ガ安イパチンコ二未来ハ無イ







拾月四日、もう夏の暑さも大分薄れ、夜は長袖が恋しくなる今日も、喧しい程の物量が、私の目に入ってくる。





意見と言えば聞こえはいいが、果たしてそうだろうか。ひとつの思考だけで有り無しを語るのは異見としか言えないし、違憲しているのだから意見でもない。と言ってしまえば、元も子もない。







私、カスロニセイバから言わせてもらえば、そもそも始まっていないのだし、終わってもいないのだから、終わりなんかない。始まりもしない。それだけのことである。






此を収入としている人間なら、得るものが減るだけで、無くなってはいないし、娯楽としている人間なら、使用料が増える。それだけのことであって、それ以上のことはない。それだけのことでないか。








不景気になって収入が減ることなんて、その時代に生まれた人間は等しく有り得るし、価格が上昇して、出費が増えることも、また同じ。
小麦粉や魚が高騰したから、飲食店や量販店がこの世から消滅することなんて、店仕舞いをしないことなんて、どちらも有り得ない。そんな所だ。







しかしどうにも もう終わりだ。 という人達の声が五月蝿過ぎて、パチンコ業界消滅論は最早正義にしか聞こえない風潮がある。



私、カスロニセイバはそんな風潮、流されて終わってしまう。と騒ぎ、終わらせようとしている群衆に、冷や汗を流し、やっぱり長袖のが良かったな。と、後悔しているわけだ。
















そんなわけで、私、カスロニセイバの最後の考察理論は、此れにて終了となる。




なにもわからないだろうかもしれないけど、それも当たり前なのだ。何故なら、始まっていないのだから。








この先に何があって、何が起きて、どうなるのか。なんて、この先にならないとわからないし、今も今までもこれからも、一個人に出来ることなんてたかが知れている。それが人間である。

そして私は、わかりやすいほど、人間なのだ。


では最後に、このブログの肝と言うべきコーナーの終止符に、これ以上ない、わかりやすく、有り難く、そして力強い一言を、あの方から受け取ってエンドロールとさせていただく。






















ミルクレープ「おつかれ」













カスロニコラム、完。
スポンサーサイト

コメント

初コメです!
昔からずっと見てましたけど最終回だと寂しいですけどお仕事頑張ってください(^_^)

振れ幅ぱないのぉー(^^;)))

最終回お疲れ様です
お疲れ様です、といいつつセイバたんがいつか復活するのではと、心のどこかで考えてます
私は将来このパチスロ業界でご飯を食べれるようになりたいと思っていました
そんな時に私の前に降りたったのがセイバたんでした
誰よりもパチスロが好きで誰よりも楽しそうにブログを書いているようにみえたし、何よりすごく真剣に考えて書いてるように感じました
そんなすごい人の最終回を見れて私は幸せものです


でもぼくはこの業界がどんなにどん底になっても大好きだから

いつでも戻ってきてください

最後?らしいので初コメします。

僕はどこにでもいる専業者でスロットは短いですが、まぁ似たようなことでずっと生活してる人間です
独自の理論や考察を持つ人のブログはおもしろいし、タメになります
だから今までもたまに覗いてました

考察最終回ってタイトルだったので覗いてみたんですが……
正直ガッカリしました。まぁ人のためになるような主旨のブログでないのは承知ですが。

わけの分からない韻を踏んで文脈も意味不明だし、考察というには陳腐だなと。
最終回つまんなかったです。

ただ、寂しいなら寂しいって言えばいいやん!って思いました おわり

秘宝はARTやで

長文と言うことで、気合いを入れてお昼休憩丸々使うつもりで見たのですが、30分以上余してしまいました。

ジャグラーなら打てるかな?

夢職さんの書いたことが全てですよね

構ってちゃんなのね
よしよし
とりあえず仕事ぐらいはしようね?

Re:

皆様へ

とりあえず読んでいただきありがとうございました!
次記事に書きましたように、人によってはつまんなかったり、暖かい意見を頂いたり、1人1人のコメントで色々考えさせて頂きました

おーそうかと思われた方、無駄になげぇと思われた方、内容スッカスカと思われた方。
全員正解です

それでいい、そうしたいという意味を込めてありますので、私から言えることはただひとつ

おつかれ(榎木ボイス

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。